中高年の悩みはいろいろと。

中高年の健康管理の体験事例や日常生活のいろいろな悩みについて、つぶやきやお役立ち情報を綴って行きますので、皆さんの参考になれれば嬉しいです。

大腸の内視鏡検査は準備に手間が掛かります。


先日、うちのカミさん
大腸の内視鏡検査を受けました。

          大腸・内視鏡検査
検査の結果は「まったく異状が無い」という事で
ひとまず安心しました。


だいぶ以前から、
「トシも歳だし」と予定はしていたので


便秘が半年程続いているのを機会に
予約を申し込みました。


実はこの検査、2日前から準備が必要です。

ポチッと1回、あなたのクリックが励み↓になります

[ 2017/08/07 14:54 ] 病気・症状 | TB(-) | CM(0)

中高年は特に熱中症にご用心


熱中症が多発する季節です。
熱中症
毎年、夏になると
まずは話題にあがる「熱中症」ですが。

屋外の炎天下だけでなく、
意外と屋内でも
熱中症になる危険はあるんですね。

「自分はならない」なんて、決め込んでいませんか。



ジーランもその中の一人なんですが 笑

ポチッと1回、あなたのクリックが励み↓になります

[ 2017/07/30 11:39 ] 病気・症状 | TB(-) | CM(0)

わきがのニオイは中高年も悩みのタネ

中高年ワキガでお悩みの皆さん

「この歳までそうだったんだから今さら・・・」なんて、

開きなおり、諦めていませんか?
加齢臭
なるほど歳をとればとるほど
他のいろいろな臭いが重なって
よけいニオイはキツくなってきますが、


習慣的に身体の手入れを続けていれば
結構穏やかになるようですよ。



それにしても今の時代
どうやらニオイ感覚が変わって来ているらしいです。
[ 2017/07/24 14:45 ] 病気・症状 | TB(-) | CM(0)

歳をとると歯が抜けるもんだ」と思っていませんか?実は・・③

歯が抜けるのは「歯周病」という
病気の精だったんです。

歯周組織に炎症がおこる病気の
総称を「歯周病」と呼びます。


   <歯周病の進行>


    歯肉炎


このうち、
炎症が歯肉に限られているものを
歯肉炎」といいます。

歯肉が赤く腫れ、
歯磨きなどちょっとした刺激でも
出血しやすくなる。
歯肉炎

歯肉炎の原因菌は好気性菌と呼ばれ、
酸素を好むため歯肉の表面にすみつき、
炎症を引き起こします。

炎症をおこして腫(は)れてくるのは、
歯と歯の間の歯肉です。

健康な歯肉はピンク色をしていますが、
歯肉炎になると三角の部分が赤くなり、
腫れて盛り上がって見えます。

炎症が進むにつれて、
歯肉はさらに赤く腫れ上がり、
ブヨブヨしてきます。 

ポチッと1回、あなたのクリックが励み↓になります

[ 2017/07/12 10:10 ] 病気・症状 | TB(-) | CM(0)

「歳をとると歯が抜けるもんだ」と思っていませんか?実は・・①

「加齢と共に歯は抜けるもの」なんて、
ばくぜんと考えていませんか?


歯が抜けるのはこれ「歯周病」という
実は病気の精だったんですね。
歯周病の人

歯周病のメカニズムを知れば、
進行を食い止められるかも知れません。


まずは<歯の健康チェック>をしてみましょう。

「まだ磨いてないの?」
「早く歯を磨きなさい!」
「言われなくても磨きなさい!」って
子どもの頃、
毎日親に言われてましたよね。

ポチッと1回、あなたのクリックが励みになります

[ 2017/07/10 10:45 ] 病気・症状 | TB(-) | CM(0)

中高年女性の白髪の悩み

中高年女性を悩ませるのが、
年齢に付いて来る髪の毛の変化です。

特に白髪
多くの中高年女性の悩みのタネですが、
これから先増やさないように、
白髪ができる原因を知っておきたいですよね。

白髪の女性 4


✧どうなってるの?白髪のメカニズム


日本人の髪の毛が黒い訳は、
メラニン色素の力が強いからです。

髪の毛の最初は色がついておらず
全て透明で頭皮の毛根から生えて来ます。



髪の毛の成長に伴って
「色素幹細胞」というメラニン色素を作る元が
どんどん自己複製し、
髪の毛に色を付けて行きます。

この肝心な「色素幹細胞」
複製を繰り返しているうちは、
黒髪は持続します。

ポチッと1回、あなたのクリック↓が励みになります

[ 2017/07/05 15:03 ] 病気・症状 | TB(-) | CM(0)

中高年の筋肉は衰えて「こむら返り」と闘う

「こむら返り」は痛いですよねー。

ふくらはぎが攣って
激痛に見舞われた経験がある人は
結構多いと思いますが。

痛いのなんのって、
ふくらはぎが変形して固くなるし、

顔面あぶら汗タラタラ
足はジット動かさず、上半身だけのたうち回って、
こむら返り
ブッちぎれるー、やめてくれー!」 って
堪えながら、唸ってしまいますよね。


また、年齢を重ねるほど、
急な「こむら返り」を起こしています。

しかもそれが一回で終わることなく、
何度か繰り返す事があります。

やっぱり脳も筋肉も衰えているから
それぞれ反応が遅いんでしょうかね?


ジーランの場合、殆んど睡眠中に起こるんですが、
こんな状態の時に使っている漢方薬は、

ポチッと1回、あなたのクリックが励みになります

[ 2017/06/23 14:47 ] 病気・症状 | TB(-) | CM(0)

中高年のいびきは治せる

自分では気付かないものの、
意外と周りに迷惑をかけている「いびき」

しかも大きな迷惑になっているケースが多いです。

中高年になると一層ひどくなるようです。
いびき親父の
慢性的ないびき
自律神経のバランスを崩すため、
イライラしたり、動悸、ほてりなどのほか、

うつ状態にも陥りやすいことが
指摘されています。


連続するいびきによる酸素不足は、
高血圧や心筋梗塞、脳卒中などを
起こしやすいこともわかってきました。

そして集中力や判断力が低下し、
勉学はもちろん仕事や家事で
うっかりミスも多くなります。

スタミナ低下するため、
だんだんと根気もなくなってきます。



でも、いびきは治せると言われています。

「女性のためのいびき改善マニュアル」


ポチッと1回、あなたのクリックが励み↓になります

[ 2017/06/16 13:34 ] 病気・症状 | TB(-) | CM(0)

「下肢静脈瘤」は女性だけではなく中高年の男性にも


● 足(下肢)が浮腫んでいる
● 足(下肢)の血管が浮き出ている
● 足(下肢)の血管の一部が「瘤」になっている



PICT0047.jpg


       
お判りでしょうか?



血の流れが逆流して足に溜まってしまう病気
「下肢静脈瘤」
放って置くとやっかいなことになるこの病気、
早めに発見・治療が必要です。




「下肢静脈瘤」元々女性に多く発症する疾患で、
加齢によっても発症しやすいとされています。



でも一般的に
女性に多いということや
「下肢静脈瘤」って何だ?
ということであまり知られていませんよね。


ポチッと1回、あなたのクリック↓が励みになります

[ 2017/06/11 12:03 ] 病気・症状 | TB(-) | CM(0)

指先の「硬い角質」や「剥け皮」なんかありませんか?

年齢による衰えもあるんでしょうけど、
冬の寒い時期にはよくなりますよね。

特に中高年の方の手を何げに見ると
結構多いように感じます。


まず、指先の「硬い角質」が出来る原因には
様々な原因があるようですが、

カサカサ 3


主なものとしては、

・ 指先の乾燥
・ 指先の血流不足、
・ 指先の血流不足による新陳代謝の低下

と言われています。

ポチッと1回、あなたのクリックが励みになります

[ 2017/06/08 11:27 ] 病気・症状 | TB(-) | CM(0)

咳・声枯れの応急処置はどうしてますか?

中高年の衰えか急にをする時があります。


・・・・・・・咳をしているお爺さん・・・


何かを食べる時でも喉の辺りに
食べ物がへばり付くんです。

粉状のもの
つぶ状のもの
乾いたもの
ペースト状のもの

水や飲料水でもそうなったりします。

>喉頭蓋(気管と食道を切り替える弁)が
鈍くなっているからだそうです。


ポチッと1回、あなたのクリックが励みになります



[ 2017/06/02 12:04 ] 病気・症状 | TB(-) | CM(0)

頻尿って、実は治せる「病気」です

中高年以上の世代によく見られる
夜、就寝中におしっこに起きてしまう(夜間頻尿)。


ただの習慣と思っている人が多いと思いますが、

トイレのたびに眠りから醒め
熟睡出来ないとなれば
身体への負担は大きくなります。


ちょっとイヤーな話ですが、

海外?では、
夜中の排尿が3回以上になると、
寿命にも影響して来るという
調査結果も出ているそうです。



お年寄りの日常でよくある問題として、
夜中にトイレへ行く途中で
転倒するというのがよくあります。


夜間の転倒事故の多くは
おしっこが原因のようですが。

ポチッと1回、あなたのクリックが励みになります

[ 2017/05/23 15:04 ] 病気・症状 | TB(-) | CM(0)

尿漏れパッドは恥ずかしいですか?

最近買ってみました。





シッコをして○ん○んを
パンツの中にしまった後に
ジョボっと出る人は多いと思いますが

これは30歳を過ぎた辺りから
結構あるようです。


確かにズボンの前のあたりが
濡れてシミになっていたら
これはみっともないですよね。

ショッピングその他移動中の場合は、

大きめの持ち物あるいは
バッグやカゴで前を隠したり、
上着を腰に巻くとか

ごまかしが効きますが、

ぜんぜん気が付かずに
カラオケやスピーチなど
人前に立つような場面だったりすると

しっかり見られてしまい、

顰蹙を買ったり、
逆に同情されたりしますかね。


ポチッと1回、あなたのクリックが励みになります


この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてね
[ 2017/04/28 16:49 ] 病気・症状 | TB(-) | CM(0)

中高年のおしっこの悩みをサポート

中高年の話題でよく出てくるおしっこの悩み

急にもよおすだけでなく、
トイレまで我慢するのが大変、

そしてなぜか、トイレを目前にしたところで
漏れてしまうなんてことあるんですねー。

日常の色んな場面で、何となく判る時がありますが、
他人事とは思えず同情しちゃいます。

男性では老化衰えの現れらしいんですが


女性の場合は
なんと20~30代の若いうちでも
よくあるトラブルのようです。


くしゃみや咳、飛んだり跳ねたりした瞬間に
「あら。」「オッとー」という感覚。

こんな「腹圧性尿失禁」の経験をお持ちの女性は
実際、少なくありません。


というのも、女性はもともと

ポチッと1回、あなたのクリックが励みになります


[ 2017/04/13 13:54 ] 病気・症状 | TB(-) | CM(0)

「糖尿病」って病院では治らないの?

ある方法を使えば
たった数週間後に糖尿病改善を実感できる。


そんな最新の
「糖尿病改善プログラム」を見つけました。


【糖尿病改善5ミニッツ
  自宅でラクにできる
   「青坂式」糖尿病改善プログラム】

                      です。
                                                   

  詳しくはこちら⇒ http://tounyou11.com/


専門家である某内科医の先生に

「どうして糖尿病は治せないんですか?」

とお尋ねしたところ、

「現代医学では完治させる方法がない」

ということです。



最新の医学で取り組んでも

ポチッと1回、あなたのクリックが励みになります

[ 2017/04/10 16:55 ] 病気・症状 | TB(-) | CM(0)

中高年は特に注意したい糖尿病の合併症!


糖尿病性神経障害

 糖尿病の合併症の中で
 最も発症頻度の高い障害は

 中枢神経をのぞき、

 末梢神経と自律神経だそうです。



 末梢神経障害

 足先の感覚を保持している末梢神経は
 歩行に欠かせない神経

 触覚や痛覚などを感じ取る
 感覚機能を持っています。

 ですが
 高血糖の状態が続くことで
 神経機能の働きが正常さを失い
 足先の感覚機能が衰え始めます。

 症状としては、
ポチッと1回、あなたのクリックが励みになります


[ 2017/03/31 15:29 ] 病気・症状 | TB(-) | CM(0)

糖尿病が恐ろしいと言われる4つの理由

普段から、「大層な病気じゃないよ」って

            ニヒルな笑い  男性
あまり考えていなかったんですが、
糖尿病も進行すると
結構恐ろしい事になるんですね。

その理由が4つあるんだそうです。


理由ー1     yubisashikosyou_nurse.png


インスリンの働きが著しく低下すると
エネルギー源となる糖質を
活用する機能が滞るので、
体内に蓄積されている
脂肪やたんぱく質を代わりに
分解して使うことになります。

ところが、
脂肪やたんぱく質を
エネルギー源化するための
インスリンがまた必要となるのに、
その機能が低下しているため
ケトン体という
分解の途中で発生する酸性物質が
血液中に大量に流れ込みます。

結果的に、
極端な酸性の血液となってしまい、
ケトアシドーシスという状態になり
昏睡状態にまで陥る患者もいます。

ポチッと1回、あなたのクリックが励みになります

[ 2017/03/30 15:35 ] 病気・症状 | TB(-) | CM(0)

糖尿病にはタイプがある

糖尿病にタイプがあることを知ってました?

ただ単純に
血糖値が高い病気なんだ・・と
思っている方が多いようですが。

これは国民的な体質なんでしょうか。

日本人の糖尿病患者のタイプとして
全体の約9割を占めるのが2型糖尿病で、
代表的な生活習慣病ともいわれています。

因みに、1型糖尿病患者は約5%だそうです。

            悩むシニア男性

《糖尿病のタイプは4つに大別されます。》

ポチッと1回、あなたのクリックが励みになります

[ 2017/03/29 11:26 ] 病気・症状 | TB(-) | CM(0)

中高年の糖尿病は運動不足から?

「糖尿病」の話題は
中高年の会話でよく出てきますよね。
       楽しそうに食事をしている老人

その会話を聞いていて、
糖尿病のことをあまりよく解っていない人が
多いんじゃないかと思います。


実は私もそうなので、
ちょっと調べてみました。



そもそも「糖尿病」とは何なのか。

端的に言うと
血液中のブドウ糖濃度
慢性的に高い数値の状態を言います。



日常生活を活動的に暮らすには
エネルギーが必要です。

ポチッと1回、あなたのクリックが励みになります

[ 2017/03/23 10:07 ] 病気・症状 | TB(-) | CM(0)

中高年の衰えに「しじみパワー」見つけました。

マラソン大会
      マラソン 1  に向け

ランニング(300~500km/月)をしていますが、

さすがに60半ばをすぎると
いろいろな障害が出てきて、

素早く吸収するエネルギー補給食
多種類のサプリメント
利用するようになって来ました。

日頃、常食しているものの中に
「しじみ」があります。


以前は生鮮売り場で「生のしじみパック」

      スーパーのしじみパック 1  を買って

味噌汁やワカメスープにしてたんですが、

時間も手間もいらない
簡単に食べられる乾燥しじみを

何気に
「ツルハドラッグストア」で見つけました。


                 
ポチッと1回、あなたのクリックが励みになります↓

                                                                  
[ 2017/03/15 15:33 ] 病気・症状 | TB(-) | CM(0)