中高年の悩みはいろいろと。

中高年の健康管理の体験事例や日常生活のいろいろな悩みについて、つぶやきやお役立ち情報を綴って行きますので、皆さんの参考になれれば嬉しいです。

中高年の白内障

うちのカミさん

白内障の手術を受けました。


白内障って、

アトピーや糖尿病などの疾患

ステロイド等の特殊な薬からの影響、

打撲や外傷などが原因で発症、

そして加齢から発症する場合があり。


加齢性の白内障では、

自覚症状が無い場合が多く


50歳代では37~54%、

60歳代では66~83%、

70歳代では84~97%、

80歳以上ではほぼ100%という

報告がされているそうです。


また、少ない割合で
先天性の白内障もあって、

大人に限らず子供でも
白内障手術をする場合があります。



かなり知名度の高い病気ですが、
白内障が原因の失明率
日本国内では

3%程度でとても低く、

その3%の内訳も、

放置したためによるケースが

多いとされています。


しっかりと眼科を受診すれば、
まず失明はない
と考えていいようです。



なのでカミさんの場合、

間違いなく
加齢性の白内障なんですね。


お医者さん曰く
「もう少し進行してからがいいでしょう」


ということで、
2年間放置してたんですが、



ポチッと1回、あなたのクリックが励みになります


[ 2017/02/02 10:39 ] 視力 | TB(-) | CM(0)

視力低下の原因は?


視力低下はどうして起こるのか?

ちょっと調べてみました。


持って生まれた近視や遠視・乱視以外に、
時間とともに進行する近視などが、
主に視力低下の原因と考えられています。

近くはよく見えるけれど遠くが見えない近視。

日本人の多くが目が悪いと言われていますが、
他の国や民族と比べて近視人口が多いという原因は、
今のところ医学でもはっきリ解っていません。


「遺伝説」「環境説」が知られていますが、
一般的にはこれらをあわせた複合的な原因によって
近視が進むと考えられています。


親から子へと近視の遺伝は
それに関連した遺伝子も発見されていることから
確率80%以上といわれています。



焦点がずれる屈折の度合いや
眼球の成長状態による近視の進行は、
主に「遺伝説」の側と言えるようです。


そして、「環境説」の観点から言えば、

ポチッと1回、あなたのクリックが励みになります



     
[ 2017/01/19 15:35 ] 視力 | TB(-) | CM(0)