中高年の悩みはいろいろと。

中高年の健康管理の体験事例や日常生活のいろいろな悩みについて、つぶやきやお役立ち情報を綴って行きますので、皆さんの参考になれれば嬉しいです。

中高年の視力回復には眼筋トレーニングが基本


視力が回復するという事は、
どんな「原理・しくみ」からか?

そもそも視力って
回復出来るんだそうです。



私たちは眼の病気やケガで
眼科を受診すると

それなりに治療をしてくれますよね。


でも視力について相談すると、
大抵の眼医者は
「視力は回復しません」と言います。


まずは視力の検査をして
少しでも低下していると、
迷わず、
メガネやコンタクトレンズを薦めます。

メガネケース5コンタクトレンズ21



しかし、これがかえって
急激に視力低下を招くんだそうです。



視力回復については、
民間療法的ではありますが、
自分で行う
「視力回復トレーニング」が良いようです。


特に眼の衰えが気になる
中高年の人にはお薦めですよ。


ポチッと1回、あなたのクリックが励みになります



関連記事
[ 2017/01/28 19:26 ] 心と健康 | TB(-) | CM(0)

遠視と乱視から来る「ぼやけ目」「かすみ目」を軽減させた行動とは?


「ぼやけ目」「かすみ目」「焦点が合わない」など
眼鏡をかけていてもなるもので、

仕方のないもんだと
諦めている人が多いのではないでしょうか。


パソコンその他のデスクワークや
長時間一点に集中するような作業、
あるいは寝不足から来る「疲れ目」で

「視力低下」になる場合が結構ありますよね。


ちょっとの間
目を瞑って休ませるのも良いんですが、


>「視力回復トレーニング」なんてどうでしょう?



アルバイトで「大型トラック」のドライバーをしていた頃
荷物の積み降ろしの作業が多いこの仕事、
身体の運動量はもちろん

眼球の運動量も激しんですよ。

荷札の見分け
荷物の選別・仕分け・積み重ね方
危機管理(周囲への気配り)その他、

入出荷するホームでは
作業の正確さとスピードが要求されます。


運転をする時以外は汗もかくし、邪魔なので
遠近両用の眼鏡を外していたのですが、

トラックの運転動作とは
違った目線や焦点の移動が忙しいんです。


しかも力仕事ですから
連動して眼にも力が入るんですね。



これって結構
「眼筋のトレーニング」になったようで。


ポチッと1回、あなたのクリックが励みになります



関連記事
[ 2017/01/21 10:56 ] 心と健康 | TB(-) | CM(0)

視力低下の原因は?


視力低下はどうして起こるのか?

ちょっと調べてみました。


持って生まれた近視や遠視・乱視以外に、
時間とともに進行する近視などが、
主に視力低下の原因と考えられています。

近くはよく見えるけれど遠くが見えない近視。

日本人の多くが目が悪いと言われていますが、
他の国や民族と比べて近視人口が多いという原因は、
今のところ医学でもはっきリ解っていません。


「遺伝説」「環境説」が知られていますが、
一般的にはこれらをあわせた複合的な原因によって
近視が進むと考えられています。


親から子へと近視の遺伝は
それに関連した遺伝子も発見されていることから
確率80%以上といわれています。



焦点がずれる屈折の度合いや
眼球の成長状態による近視の進行は、
主に「遺伝説」の側と言えるようです。


そして、「環境説」の観点から言えば、

ポチッと1回、あなたのクリックが励みになります



     
関連記事
[ 2017/01/19 15:35 ] 視力 | TB(-) | CM(0)

中高年の「視力の衰え」は

中高年の「視力の衰え」は
仕方のないことと、
諦めている人が多いのではないでしょうか。

私は65歳頃から「飛蚊症」や「モザイク現象」が
ときどき現れるようになり

これらは30分~1時間程続きました。

さらに
「右目のボヤけ」が2~3時間あったりするので
眼科を受診したら
老化による水晶体の歪みが原因で
治療の方法はないと言われました。

納得が行かないので
別の超評判の良い眼科に相談したところ
それぞれまったく同じ言葉を返されました。

残りの人生、これがずっと続くのかと
ショックでした。


その頃は嘱託で約5年間
日勤、夜勤、24時間と
不規則なシフト勤務を続けており、

0ada019f1cb36e1001e6db40953753d4_s.jpg


家ではパソコンの前に4~5時間。
職場でも2~3時間。

そしてライフスタイルの基本が
ランニング(300~400Km/月)なので
時間配分からすると結構寝不足もあり

肉体的に、そして視神経、脳神経など
たぶん過労状態が続いてたんですね。


関連記事
[ 2017/01/07 15:04 ] 心と健康 | TB(-) | CM(0)