中高年の悩みはいろいろと。

中高年の健康管理の体験事例や日常生活のいろいろな悩みについて、つぶやきやお役立ち情報を綴って行きますので、皆さんの参考になれれば嬉しいです。

レーシックは中高年も大丈夫?

現在の「レーシック」は、
その安全性と効果には定評があり、
年齢層は幅広く
多くの人が手術を受けています。

なのに、
「レーシックは中高年も大丈夫かな?」
戸惑っている人が多いと思います。

       謎の人物のイメージ 1


中高年、およそ40代以降の人は
手術を受けても効果があるんでしょうか?


はやい話、大丈夫です
中高年もこの手術を受けて
効果を得られることは可能になっています。

実際にその年齢層(60代)で


ポチッと1回、あなたのクリックが励みになります↓




レーシックを受けたら
術後、いきなり裸眼生活ができるようになって

喜んでいる知人が何人かいます。


ただし皆さんは
老眼よりも近視が強い人達でした。


老眼は50歳頃から、
いや、早い人だと40代の初めから
症状が出てくる人もいますよね。


その症状は、
眼の焦点を合わせる水晶体の弾力が
加齢による衰えから、
調節がうまく機能しなくなり
近くが見えにくくなる現象です。


残念ながら、
この症状に関してはレーシックでの
治療が出来ないようです。


レーシックの効果として
屈折率を矯正する事はできても、
老化した水晶体の機能や弾力の低下を
回復させる効果はない
からです。


なので、
中高年で老眼の症状があっても、
近視の症状の方が強い場合などには
手術の効果はありますが、

老眼の治療にはなりません。


とは言え、近視の人で
老眼の症状もある場合は、
レーシックを受けたことで、

手術前よりも
遠くはよく見えるようになっても、

近くが見えづらくなるという
ケースもあるようです。


これは、
近視を治す方を優先するか、
老眼の症状が進行するのを避けたいか

考えどころでしょう。




レーシック(LASIK)は
 視力を回復させる方法のひとつですが


メガネ・コンタクトレンズに続く
第3の視力矯正手段」として注目されています。


目の角膜の部分に
医療用のレーザーを当てて行う

一回の外科手術で

メガネもコンタクトも不要となり、
普通の裸眼生活がよみがえるという、
劇的に視力が回復する方法です。





レーシックで視力回復とは
 どんな仕組みなのでしょう?



正式名称は、そのまま
「Laser in situ Keratomileusis」
(レーザーで角膜を形成する)んだそうで


「エキシマレーザー」という呼び名の
コンピュータで制御する
医療用レーザーを使って、

眼球の角膜を削り、
角膜部分の光の屈折率を変えることで

視力を回復させます。

これを「屈折矯正手術」と言います。


目から入った光が、
網膜の正しい位置で焦点を
結んでいないことが原因で起こる

屈折異常(近視・遠視・乱視など)は、
視力低下や眼精疲労の
大きな原因となっているそうです。





レーシック施術の流れ

手術にかかる時間は、
両目を合わせても
意外と短く10~20分程度です。


手術の手順は、

点眼(目薬)タイプの麻酔をかけたあと、
まばたきしないよう、
開眼器でまぶたを固定します。


マイクロケラトームという
かんな状のナイフで、
角膜の表面を4分の1ほど削ぎ、
フラップを作成します。

フラップをめくって、
角膜の下層(ボーマン層~実質層)に
エキシマレーザーを照射します。

ふたたびフラップを
もとの位置に戻して固定します。

戻されたフラップは、
切断面が約一週間ほどで再生し、
密着します。


角膜の一部を使ってフラップを作るため、
レーザーを当てた部分が
直接空気に触れることがなく、

手術後の痛みや細菌感染が
ほとんど無い
ということです。


           ポチッと1回、あなたのクリックが励みになります↓




この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてね↓
関連記事
[ 2017/02/24 17:56 ] 病気・症状 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する