中高年の悩みはいろいろと。

中高年の健康管理の体験事例や日常生活のいろいろな悩みについて、つぶやきやお役立ち情報を綴って行きますので、皆さんの参考になれれば嬉しいです。

中高年の衰えに「しじみパワー」見つけました。

マラソン大会
      マラソン 1  に向け

ランニング(300~500km/月)をしていますが、

さすがに60半ばをすぎると
いろいろな障害が出てきて、

素早く吸収するエネルギー補給食
多種類のサプリメント
利用するようになって来ました。

日頃、常食しているものの中に
「しじみ」があります。


以前は生鮮売り場で「生のしじみパック」

      スーパーのしじみパック 1  を買って

味噌汁やワカメスープにしてたんですが、

時間も手間もいらない
簡単に食べられる乾燥しじみを

何気に
「ツルハドラッグストア」で見つけました。


                 
ポチッと1回、あなたのクリックが励みになります↓

                                                                  

コンパクトでしっかり栄養素が詰まった
おつまみタイプの小袋パックになってるです。

   おつまみしじみ50g



ご存知だと思いますが、

「生シジミ」の場合、
水(出来れば塩水)に浸けて
まずはしっかり砂出し
をするのが原則(最低1時間以上)。

吐いた砂の混じった水を、
時々入れ替える。

(ザルに入れるとこれが楽です。)

汚染された海水の
ダイオキシンを抜く効果もあるんだそうです。

2枚貝はこれをしないと
ひどい事になりますから。


さらに、
メッシュの袋に入れて
モミ廻し洗いで貝殻表面にこびり付いた
汚れを落とします。

やらないと汁やスープが

ジャリついたり

黒っぽくて汚い色になって、

せっかく新鮮な貝なのに
味もマズくなってしまいますよね。


こういった手間を掛けて
やっと調理に使えます。



それに比べ、
このオルニ珍味「おつまみしじみ」

手間いらず

袋を開けてつまんで食べるだけ・・・。

しかも、
栄養価が凝縮されていて
カロリー数も少ないので

気軽にいつでも、どこでも
簡単に食べられます。


密閉の小袋パックですから
ポケットに何個か入れて
持ち運び出来るので便利です。

仕事中やカフェのひと時に、
1杯会のおつまみが遅い時?など

お手軽に頂けます。


これに出会ってからは
生しじみの回数は激減していますが

もちろん、情緒から言えば
貝料理っていいもんですから

カミさんにお願いして
造ってもらっています。


手間が掛かるし
自分の仕事場では
ここのところやっていません。


小さい冷蔵庫は
アイスクリームで一杯です。

オウチャク者になってしまいました。



たしかにしじみパワーは凄いもので、

美肌効果や貧血の予防にもなり

特にしじみに含まれるアミノ酸の一種
オルニチンは肝臓全体の機能を高めたり、
疲労回復に役立つ効果があるので、

若い頃、大酒を飲んで
頭がグラグラして気持ち悪い2日酔いの朝なんか
しじみの味噌汁を飲むと
みるみる元気を取り戻せたもんです。

オルニ珍味「おつまみしじみ」

ともかく5gの小さな袋に
しじみ88個分の
オルニチンが含まれているそうです。

どういう計算なのか?


小袋に入っている数個のしじみは
生姜と山椒で甘辛く味付けしてあり、

他はひまわりの種(殻なし)です。

    DSC00696.jpg


しじみは生干しのように柔らかく
ピリ辛で、しょっぱめ かな。


しょっぱいとはいえ、

ひまわりの種とは相性がいいようで、
何か飲みものと一緒に食べると
つい、次の袋を開けてしまう、という。


食べる手間も掛からず、
量が少ない割には栄養価が高い


オルニ珍味「おつまみしじみ」


「あまり食が進まない」という
中高年の方には栄養をサポートする
打って付けのおやつだと思います。



私はアルコールと一緒に
毎日3袋を食べています。



栄養成分(1パック標準5gあたり)

  熱量   26kcal
  たんぱく質  1.5g
  脂質  1.7g
  炭水化物  1.2g
  ナトリウム  70mg
  オルニチン  33mg
  オレイン酸  1.2g

ポチッと1回、あなたのクリックが励みになります



       この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてね
                          
関連記事
[ 2017/03/15 15:33 ] 病気・症状 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する