中高年の悩みはいろいろと。

中高年の健康管理の体験事例や日常生活のいろいろな悩みについて、つぶやきやお役立ち情報を綴って行きますので、皆さんの参考になれれば嬉しいです。

頻尿って、実は治せる「病気」です

中高年以上の世代によく見られる
夜、就寝中におしっこに起きてしまう(夜間頻尿)。


ただの習慣と思っている人が多いと思いますが、

トイレのたびに眠りから醒め
熟睡出来ないとなれば
身体への負担は大きくなります。


ちょっとイヤーな話ですが、

海外?では、
夜中の排尿が3回以上になると、
寿命にも影響して来るという
調査結果も出ているそうです。



お年寄りの日常でよくある問題として、
夜中にトイレへ行く途中で
転倒するというのがよくあります。


夜間の転倒事故の多くは
おしっこが原因のようですが。

ポチッと1回、あなたのクリックが励みになります


もともと日本人は我慢強い性格なので、
オシッコをもよおしても
「なーにオシッコごときが」って、

やせ我慢で耐え忍ぶ事が多いですよね。


しかーし、たかがオシッコとは言え、
実に根深く生活に影響します。



夜間の頻尿は睡眠不足に陥り
日中の仕事や家事にも影響します。


急な尿意に襲われるから、
できる仕事が限られてしまうし


"失禁"してしまうのががこわくて
人づき合いや外出が苦手になる。

性行為が上手く行かないなど、
その深刻さは人様々です。


でも最近では、
オシッコのトラブルの原因や治療法は開発されており、
ひとつの「病気」だと考えられています。


老眼にそれぞれ適合したメガネがあるように、
オシッコのトラブルにも治療法はあるようです。



たとえば、軽い尿もれの治療には、
自分でできる
トレーニング方法(骨盤底筋体操)があるのをご存じですか。


実際にやる事と言えば
膣や肛門をぐっと5秒間締めて、ゆるめるだけ。

これを繰り返し行って、
尿道を支える筋肉を鍛えるというものです。


主に効果があるのは「腹圧性尿失禁」にですが、
「過活動膀胱」にも有効と言われています。


その他、手術や薬の服用による治療など、
現代の医学ではいろいろなメニューが開発されているので、
歳の精などと諦めず前向きに考え、

まずは医師に相談するのがいいようです。




それはそうと、以前にご紹介した尿漏れパッドは快適です。

これは以外でした。


“おっかけモレ”(排尿後尿滴下)が多い私は離せません。

家を出る時に装着
帰宅してシャワーをするまで


また朝ランの時も
用心のため装着するようになったんです。



でもつい先日、事件を起こしてしまいました。


ブリーフの内側に貼り付けておいた「尿漏れパッド」、
剥がすのを忘れて
シャワーする前に洗濯機の中へ放り込んだんです。


その後、用事に出かけて戻ったら

カミさんがブリブリ起こってるんですねー。


なんと、この「尿漏れパッド」は洗濯機で洗うと
中の吸水性の白く細かい成分が飛び出して
洗濯槽内に広がり

他の洗濯物全部にクッツイて
ひどい事になってしまうんですよ。


あの手この手を使い
それを処理するのに2時間も掛かったんだそうです。

そりゃあ怒りますわ。


あれからというもの、
風呂・シャワーの度に怖い顔で言われるです

「パッドはちゃんと捨てたのかい?」って。



皆さんもお気を付けください。

言いませんが、あとが怖いですよ。


ポチッと1回、あなたのクリックが励みになります


        この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてね
関連記事
[ 2017/05/23 15:04 ] 病気・症状 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する