中高年の悩みはいろいろと。

中高年の健康管理の体験事例や日常生活のいろいろな悩みについて、つぶやきやお役立ち情報を綴って行きますので、皆さんの参考になれれば嬉しいです。

「歳をとると歯が抜けるもんだ」と思っていませんか?実は・・①

「加齢と共に歯は抜けるもの」なんて、
ばくぜんと考えていませんか?


歯が抜けるのはこれ「歯周病」という
実は病気の精だったんですね。
歯周病の人

歯周病のメカニズムを知れば、
進行を食い止められるかも知れません。


まずは<歯の健康チェック>をしてみましょう。

「まだ磨いてないの?」
「早く歯を磨きなさい!」
「言われなくても磨きなさい!」って
子どもの頃、
毎日親に言われてましたよね。

ポチッと1回、あなたのクリックが励みになります


大人になってから、

歯を磨く習慣がない人って
殆んどいないと思いますが、

歯を磨いている男性

自分の歯のメンテナンスについて
関心を持っている人も、
現実少ないような気がします。

そこで
自分の歯の状態はどうなのか、
次の項目でチェックして見ましょう。

心当たりが一つでもあれば、
歯のお手入れを考え直す必要があるでしょう。


 
 

 ◯ 歯磨きは、たいてい30秒以内で終わる
 ◯ 歯と歯の間に食べ物がよく詰まる
 ◯ ちょっとした冷たいものがしみる
 ◯ 歯が伸びてきたような気がする
 ◯ 歯を磨くと歯から血が出る
 ◯ 朝起きたとき、口の中がネバネバする
 ◯ 自分で口臭を感じることがある
 ◯ 歯ぐきがムズムズ・じんじんする
 ◯ 食べ物をうまく噛めない
 ◯ 歯科検診を1年以上受けていない


表の参考→「歯の健康ノート4壮年期編」花王株式会社発行



   <歯周病のメカニズム


歯周病虫歯と同じくらい、
歯を失う大きな原因なのだそうです。


歯周病というのは、

歯垢や歯石などが原因で
歯周組織が破壊されてしまう病気の総称です。
(歯肉や歯根膜、歯槽骨など、歯を支えている土台)

歯肉だけ
炎症を起こしている状態を「歯肉炎」、
腫れた歯茎

さらに悪化して歯槽骨まで
破壊された状態が「歯周炎(歯槽膿漏)」です。

歯周病の歯茎

ここまで来たら大変な事になりますから、

歯肉炎の初期段階で
気が付かないといけませんよね。

でもまぁ、その前にやっぱり
虫歯予防に気配りする習慣が先でしょうかね。


という訳で
まずは虫歯について調べてみました。 ②へ

ポチッと1回、あなたのクリックが励みになります



この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてね
関連記事
[ 2017/07/10 10:45 ] 病気・症状 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する