中高年の悩みはいろいろと。

中高年の健康管理の体験事例や日常生活のいろいろな悩みについて、つぶやきやお役立ち情報を綴って行きますので、皆さんの参考になれれば嬉しいです。

大腸の内視鏡検査は準備に手間が掛かります。


先日、うちのカミさん
大腸の内視鏡検査を受けました。

          大腸・内視鏡検査
検査の結果は「まったく異状が無い」という事で
ひとまず安心しました。


だいぶ以前から、
「トシも歳だし」と予定はしていたので


便秘が半年程続いているのを機会に
予約を申し込みました。


実はこの検査、2日前から準備が必要です。

ポチッと1回、あなたのクリックが励み↓になります


食べてはいけない繊維質や消化の遅い食品
食べても良い食品が書かれた表を渡されますが、

自分で調整するのは結構難しいので
殆んどの方は「検査食」セットを購入するようです。
        大腸検査食エニマクリン


この「検査食」セット
大腸をはじめとした、
消化に関わる器官の検査前日に、
検査の目的に合わせて摂る食事で、

消化しやすく、かつ腸内に
残りにくいように作られているものです。


大腸がんの有無を調べるため、

小型カメラで大腸の内部を
モニター画面を見ながら行う内視鏡検査や、


腹部X線写真を撮る注腸造影検査
受けるときなどに食べる食事です。



さっそく病院の売店で
この「検査食」セットを買って
        大腸検査食エニマクリン
予約で一杯の検査日を
やきもきしながら待つこと一ヶ月。

「さあ準備をしなきゃ」と

渡されている表で
2・3日前から食べても良い食材を用意して
付きっきりで管理したんですよ。


そして前日はいよいよ「検査食」です。

ちょっと味見をしたところ
予想していたよりも美味しいと感じました。

でも画像で見ると
結構ボリューム観があるのに、

これがなんとも情けない程少量で、

特にビスケットはとっても小さいんですよ。笑


何とかこれで一日我慢。
夕食後、下剤「ラキソベロン液10ml」を服用して
ラキソベロン液



いよいよ当日です。


前日に呑んだ下剤が効いて
腸内には何もないように思えるんですが、


さらに
「在宅 ニフレック法」で空っぽに。

検査当日午前中に自宅で
腸内洗浄液「ニフレック」を呑みます。
          腸内洗浄液 ニフレック


なんと2000ml
2~3時間で呑み切らねばなりません。
15分毎に200mlを10杯です。

7:00から9:30まで掛かりました。

スポーツ飲料(ポカリスウェット)と同じ味で
マズくはないんですが、
2~3時間でこれだけの量を飲むのは
辛いものがあります。

夏の炎天下で
50・70キロ走した後ならともかく。



そして、15時00分から検査室に入り
鎮痛剤と次に精神安定剤を注射、
内視鏡検査を開始・・・

本人はずっとモニターを見ていたらしんですが、
不思議でしょうがありません。


胃の内視鏡検査を10数回も経験している私の場合、
      胃・内視鏡検査

精神安定剤を注射されるやいなや、
コテっと意識を失ってしまうんですが、、、

ケースバイケースで薬の内容が違うんですかね?

毎回この瞬間に心の中で
「さよなら~」ってつぶやいてしまいます。笑

検査が終わって起こされても
何をされたのかぜんぜん覚えていないので
シアワセな気分で
休眠室へ向かって行くんですよね。


ま、とにかく異状がないことが判明したので
この夜は、「オメで乾杯」をしました。
          夫婦で乾杯

中高年はやはり
ちょっと変だな、と思ったら
なるべく早く病院で受診してみるのがいいようです。

ポチッと1回、あなたのクリックが励み↓になります



この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてね
関連記事
[ 2017/08/07 14:54 ] 病気・症状 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する