中高年の悩みはいろいろと。

中高年の健康管理の体験事例や日常生活のいろいろな悩みについて、つぶやきやお役立ち情報を綴って行きますので、皆さんの参考になれれば嬉しいです。

中高年の白内障

うちのカミさん

白内障の手術を受けました。


白内障って、

アトピーや糖尿病などの疾患

ステロイド等の特殊な薬からの影響、

打撲や外傷などが原因で発症、

そして加齢から発症する場合があり。


加齢性の白内障では、

自覚症状が無い場合が多く


50歳代では37~54%、

60歳代では66~83%、

70歳代では84~97%、

80歳以上ではほぼ100%という

報告がされているそうです。


また、少ない割合で
先天性の白内障もあって、

大人に限らず子供でも
白内障手術をする場合があります。



かなり知名度の高い病気ですが、
白内障が原因の失明率
日本国内では

3%程度でとても低く、

その3%の内訳も、

放置したためによるケースが

多いとされています。


しっかりと眼科を受診すれば、
まず失明はない
と考えていいようです。



なのでカミさんの場合、

間違いなく
加齢性の白内障なんですね。


お医者さん曰く
「もう少し進行してからがいいでしょう」


ということで、
2年間放置してたんですが、



ポチッと1回、あなたのクリックが励みになります



視界が白く霞んで
周りが見づらい。

光が通常よりも眩しくて
眼を開いていられない。

遠くも近くも
字がボヤけて見える

その精で
だんだんと顔の表情が
暗くなって来たので


いよいよ白内障の手術を
受けることに決めたのです。

2か月待ちの予約でした。



今回の手術は一般的な
「超音波乳化吸引術」です。

この手術の場合、
濁った水晶体を
超音波で粉砕して取り除き、

その代わりに
人工の水晶体である
眼内レンズを挿入するというもので。


近年、白内障の手術は
安心して受けられる手術として
定評となっています。



でもやはり、本人としては

人生初めての手術なので
かなり緊張していました。

スウィーツなんか買ってきて
いろいろな話し掛けをしたり

リラックスさせるのに
随分と気を使いました。



ところで白内障って
水晶体が濁ることから
発症する病気なんですね。


眼の中の水晶体という組織は、
外界から進入した光を
屈折させて網膜に像を写す

カメラのレンズと同じ役割で、
物を見るために
とても重要な組織です。


残念ながら、現状では、
薬で元に戻す事ができないそうです。
(予防や進行の抑制はある程度可能)


つまり白内障の治療は、
この濁った水晶体を取り出し、
新たに眼内レンズを挿入する方法が
一般的となっているようです。



そういう訳で
充分納得し覚悟の上
車で病院へ向かいました。


衛生管理と事故防止の為
一泊二日の入院を選びました。l


入院の場合        

当日、手術予定の約3時間前着院

 病室にて着替え

術前準備      
 執刀医による診察
 術前処置(薬点眼・血圧測定)
 手術室に移動 薬点眼・手術準備

手術
 局所麻酔(会話が可能)→手術実施
 
病室にて1時間安静

術後診察(病室)
 執刀医による術後診察

宿泊
 防御用ゴーグル着用

翌日退院
 執刀医による術後診察
 防御用ゴーグル持ち帰り

外来通院



●因みに日帰りの場合

当日、手術予定の約3時間前着院

 待機室で着替え
 術前処置(薬点眼・血圧測定)
 手術室に移動 薬点眼・手術準備

手術
 局所麻酔(会話が可能)→手術実施

リカバリー室で1時間安静

眼帯を着用のまま帰宅

手術翌日、
 外来診察(消毒・眼薬の使用説明)




手術後、1週間は
染髪・洗顔は禁止でした。


おかげさまで、
物がよく見えるようになり

表情が明るくなったので
私もほっとしています。

ただ、
顔のシワや
床に落ちている髪の毛なんかも
はっきり見えるので

「やだなー、」なんて
喜んでます♪


ポチッと1回、あなたのクリックが励みになります



    この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてね
関連記事
[ 2017/02/02 10:39 ] 視力 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する