中高年の悩みはいろいろと。

中高年の健康管理の体験事例や日常生活のいろいろな悩みについて、つぶやきやお役立ち情報を綴って行きますので、皆さんの参考になれれば嬉しいです。

眼の充血はいろいろ

眼が充血したことってありますよね。

放っておいて治る場合もありますが、

危ない事例が多いようです。


私も数えて見ると結構ありました。


◉何気に朝起きたら赤くなっていて
 原因が想い当たらない。
         眼の充血10

◉痒みが気になって掻いていたら
 眼が赤くなっていた。
         眼の充血4
◉眼にゴミが入り
 気にしているうちに赤くなっていた。
         眼の充血11

◉何かにぶつけて瞼が腫れ上がり
 眼も赤くなっていた。
         眼の充血13

◉長い時間パソコン作業に張り付いて
 気がついたら眼が赤くなっていた。
         眼の充血12

◉プール・海・川、温泉なんかでも
 長く遊んでいると
 後で眼が赤くなったりしますよね。
         眼の充血 1



◇眼の充血の症状は2種類


ポチッと1回、あなたのクリックが励みになります


結膜の炎症、よく言う「結膜炎」による
結膜充血けつまくじゅうけつ)」と、

ぶどう膜炎急性緑内障など
眼球本体の病気による
強膜充血(きょうまくじゅうけつ)
毛様充血(もうようじゅうけつ)」があります。



眼の充血で痛みがない場合は、
まずはゆっくり眼を休めるのが第一で

「眼の充血が極端に赤い」、
「眼が充血して痛みがある」、
「眼の不快感が長引く」という場合は、

いづれにしても早めに
眼科で診てもらうのが良いようです。




◇白眼が赤く充血するのはなぜか?


普段、白眼の部分は白いのに
なぜ赤くなってしまうのでしょうか。


「眼の構造とその働き」から引用すれば、


【白眼(強膜)の表面と
まぶたの内側を覆っている
薄い膜のことを「結膜」といい、

この結膜の表面の近くを
細い血管が通っています。



結膜充血の場合は、
この白眼の部分の血管が
拡張することによって、
眼が赤く充血して来ます。】





◇眼の充血の主な原因は
  「眼の疲れ」なんだそうです。

      パソコンに疲れた5


そうなんですが、


眼が疲れるとなぜ
赤く充血してしまうのでしょうか?


スマホやテレビ、PCなどで
長い時間眼を酷使すると、

眼の疲れを回復させるために、
身体は一所懸命
酸素栄養を運ぼうとします。


そうすると、
眼の血流量が増えることで、
白眼の部分の血管が膨張してしまい、
眼が充血して赤く見えるのです。




ドライアイコンタクトレンズによる
 眼の充血の場合は

ドライアイの人コンタクトレンズ指



眼を保護するための涙液が不足し、

眼の表面が乾いてしまうことで、

十分な酸素や栄養分が
角膜に行き渡らなくなるため、

酸素を取り入れようと頑張って、

白眼の部分の血管が膨らみ、

充血状態になります。




異物アレルギーの刺激による眼の充血


ゴミ砂塵花粉

ゴミ5黄砂2公園 休暇17


などのアレルギー物質が眼の中に入ると、

その異物から眼を守るため、
身体に働きかけ、
血管を拡張させて

炎症反応として
血流を増やすことによって、

白眼の血管が拡張して、
充血が起こるわけです。



ドライアイに効くツボってあるんですね。


風池(ふうち)」を
親指で頭の中心方向に押します。

5秒間押して離すを左右同時に5回。

額を何かに突けて置いて押すと
力が有効に入りやすい

頭の血行を良くし、
頭痛や目の疲れ・ドライアイ
解消出来るそうです。


「風池(ふうち)」
   頭蓋骨の最も下側でくぼんでいるところ。
   (うなじのくぼんだ所あたり)




◇専用目薬を利用する



身体の防御機構として
充血という症状が出ている場合もあり

眼薬で、簡単に
充血を解消できますが、

身体の防御反応として
眼の充血が起こっている場合、
充血を取り除くことが
かえって逆効果になることも。

また、眼の充血が起きたからといって、
市販の眼薬を頻繁に注したり、
また過度の薬注や習慣化には
くれぐれも注意が必要です。

場合によって防腐剤などの刺激で
症状が悪化することもあるそうですから


防腐剤の入っていない「人工涙液(じんこうるいえき)」

img人口涙液


が おススメです。



眼薬って、
ジョボジョボになるまで
たくさん注してしまったり、

ちょくちょく注したくなりますが

適量にということですね。


ポチッと1回、あなたのクリックが励みになります↓



この記事が役立ったという人は、ボタンをクリックしてね
関連記事
[ 2017/02/16 09:55 ] 病気・症状 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する